利用規約

本利用規約は、株式会社RiSSHiが運営する「RiSSHi」を通じて提供されるサービスについての利用条件を定めるものです。(以下、「本利用規約」といいます)

本サービスの利用希望者は、本利用規約の全てに同意いただき、当社が定める方法により会員登録をする必要があります。また、本サービスの利用により、会員は、本利用規約及び会員が利用するサービスごとに定められたガイドラインや注意事項に同意したものとみなされます。

第1条(定義)

本利用規約において使用する用語の定義は、以下のとおりとします。

1)「当社」-株式会社RiSSHiをいいます。

2)「RiSSHi」-当社が運営するクラウドファンディングサイトの総称をいいます。

3)「本サービス」-「RiSSHi」を通じて提供される一切のサービスをいいます。会員は本サービスを利用して支援者としてプロジェクトに資金支援したり、プロジェクトオーナーとして、プロジェクトを企画する組織(または個人)に資金の提供や協力などを呼びかけたりすることができます。

4)「利用希望者」-本サービスの利用を希望し、会員登録をしようとする者をいいます。

5)「会員」-利用希望者のうち、当社所定の手続きに従い、会員登録を申請し、当社がこれを承認した方をいいます。なお、本サービスを利用し、プロジェクトの支援者を募集したり、支援を行う場合には、必ず本利用規約への同意と会員登録が必要です。

6)「利用者」-会員及び本サービスを利用する全ての者をいいます。

7)「プロジェクト」-プロジェクトオーナーが実現したい企画(製品の制作・開発、製品の輸入、サービスの開発・実施、作品の制作・提供、イベントの開催をはじめとする様々な企画)のうち、本サービスを通じて公開されたものをいいます。

8)「リターン」-プロジェクトが成立した場合において、プロジェクトオーナーが提供するプロジェクトの成果物(製品のほか、プロジェクトオーナーが提供するサービスを受ける権利を含みます。)をいいます。

9)「プロジェクトオーナー」-プロジェクトを実行したり、本サービスを通じて、プロジェクトの支援者を募集する(または募集した)会員をいいます。

10)「支援者」-プロジェクトに共感し、支援の決定を希望している会員のうち、プロジェクト支援についての申込を完了した会員をいいます。

11)「インフルエンサー」-プロジェクトに共感し、プロジェクトオーナーが支援者を集めるプロジェクトを立ち上げる際に、見せ方や拡散の仕方についてプロジェクトオーナーと協業しより良いプロジェクトを社会的に発信する協力者としての申込を完了した会員をいいます。

12)「キュレーター」 - プロジェクトに共感し、プロジェクトオーナーが支援者を集めるプロジェクトを立ち上げる際に、プロジェクトオーナーとマッチングして本プロジェクトを協業して拡散推進をしていくことをプロジェクトオーナーの承認の上、申し出が完了した会員をいいます。

13)「プロジェクト期間」-特定のプロジェクトにつき、RiSSHiを通じて当該プロジェクトの支援の募集が開始された時点から、当該プロジェクトについて設定された支援の募集が終了する時点までの期間をいいます。

14)「All in型」-プロジェクトのうち、プロジェクト期間が終了するまでにプロジェクトオーナーが設定した目標金額を達成したか否かにかかわらず、いずれかの支援者により支援の申込みがなされた時点でプロジェクトの成立となるプロジェクトをいいます。

15)「All or Nothing型」-プロジェクトのうち、プロジェクト期間が終了するまでにプロジェクトオーナーが設定した目標金額を達成した場合にプロジェクトが成立となるプロジェクトをいいます。

16)「支援の申込」-支援者が、当社所定の手続に従い、プロジェクトに対する支援の申込を確定させることをいいます。

17)「支援の完了」-支援者が、支援金の支払方法として、クレジットカード払いを選択した場合には、支援の申込をした時点をいいます。支援者が、コンビニ払い、銀行振込、ネットバンク振込等のクレジットカード払い以外の支払方法を選択した場合には、当社の指定する決済代行会社の決済承認がなされた時点(ただし、当社の定める期日までに入金することを条件とします)をいいます。

18)「会員間契約」-支援者によるプロジェクトの支援及びプロジェクトオーナーによるリターンの提供に関する契約をいいます。

19)「パートナー」-当社と提携関係にある法人又は個人をいいます。

20)「登録情報」-本サービスの提供を受ける目的で、会員が当社に提供した一切の情報をいいます。

21)「個人情報」-登録情報のうち、氏名、住所、生年月日、電話番号、電子メールアドレス、金融機関の口座情報、クレジットカード情報等、特定の個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)をいいます。

22)「認証情報」-登録情報のうち当社が会員からの接続を認証するために必要な情報でIDやパスワードを含む情報をいいます。

23)「反社会的勢力」-暴力団、暴力団員及び暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、政治活動、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等、反社会的勢力共生者、テロリスト等、日本政府または外国政府が経済制裁の対象として指定する者(総称して「暴力団員等」といいます)、暴力団員等の共生者、その他これらに準ずる者をいいます。

第2条(本サービスと当社の役割)

1. 本サービスは、クラウドファンディングサイトであり、会員間での交流やプロジェクト支援の場や機会を提供するサービスです。

2. 会員間契約は、プロジェクトに関し支援者とプロジェクトオーナーの間において成立するものであり、当社は、その契約の履行には一切関与いたしません。また、プロジェクトに関与する支援者と及びキュレーター以外の会員又は第三者(以下「関連当事者」といいます)が会員間契約に基づき何らかの権利を持ち又は義務を負うか否か、会員間契約又は関連当事者の権利義務の消滅や返金、補償等の取り扱いについても、当社は一切関与いたしません。

3. 会員間又は関連当事者との間においてトラブル等が発生した場合についても、当社が定める基準を満たした場合を除き、当社が紛争の解決のためのあっせん、調停、仲裁その他の紛争解決に向けた措置を講じることはありませんので、本サービスの利用に際しては十分に注意し、予めご了承の上ご利用ください。

第3条 (手続きの成立)

会員がインターネット回線を通じて行った登録・支援者の募集・支援または支援金額の決定・退会・評価の記入・会員同士の連絡・その他の手続は、当社のサーバーに当該手続に関するデータが送信され、当社のシステムに当該手続の内容が反映された時点をもって有効に成立するものとします。

第4条(会員登録)

1. 利用希望者は、会員となる本人が当社の定める方法にて入会の登録申請を行うものとします。

2. 当社が前項の登録申請を承認した場合に、当該利用希望者を会員として登録するものとします。

3. 当社は、利用希望者が以下各号のいずれかに該当する場合、本条第1項の登録申請を承認しない場合があります。

1) 利用希望者が過去に本利用規約違反をしたことなどにより、会員登録の抹消などの処分を受けていることが判明した場合

2) 利用希望者が申請時に登録した住所に、郵便物、宅配物が到着しなかった場合

3) 利用希望者が外国法人(日本に支店を持つ場合を除く)である場合又は日本国外に居住する場合

4) 利用希望者が当社に対する債務の支払を怠ったことがある場合

5) 当社の運営・サービス提供または他の会員の利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為を行った場合またはその恐れがあると当社が判断した場合

6) その他登録申請を承認することが不適当であると当社が判断した場合

4. 当社は、利用希望者が以下各号のいずれかに該当する場合、本条第1項の登録申請を承認しません。

1) 登録申請に際して当社に提供した情報に虚偽の事項が含まれている場合

2) 利用希望者が反社会的勢力に該当する場合、又は、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人の役員、従業員である等、反社会的勢力と何らかの関係を有していると判明した場合

3) 本サービスが犯罪による収益の移転やテロ資金の供与のために用いられる恐れがあると当社が判断した場合

5. 会員は、第1項の規定に基づき登録申請を行った場合、前項各号のいずれにも該当しないことを表明し、保証したものとみなされます。

第5条(プロジェクトの発表・プロジェクトオーナーに関する条件)

1. プロジェクトオーナーになろうとする会員は、「プロジェクトオーナーガイドライン」(https://risshi-funding.com/guideline.html)に同意した上で、当社が定める方法によりプロジェクトオーナー登録をする必要があります。

2. プロジェクトオーナー登録をした者は、当社の定める方法にてプロジェクトの支援者の募集の申請をすることができます。

第6条(プロジェクトの掲載・キュレーターに関する条件)

1. プロジェクトオーナーが前項のガイドラインにそったプロジェクトを掲載した後で、インフルエンサー登録をした会員は、当社の定める方法にてプロジェクトオーナーの正式掲載前のプロジェクトに対して改善提案および拡散協力の支援をする申し出をすることができます。

2. プロジェクトオーナーはインフルエンサーから提案された箇所の修正を施したあと、パートナーインフルエンサーとしてプロジェクトの拡散協力を支援してくれる申し出をしてきたインフルエンサー会員を一人選択、決定します。
このタイミングでインフルエンサー会員は本プロジェクトのキュレーターとしてプロジェクトオーナーから任命されます。

3. プロジェクトオーナーとキュレーター双方で、本プロジェクトを正式掲載する合意が取れた時点で2名からの当社への申し出を受理し、プロジェクトを申し出された日からRiSSHiに正式掲載します。

4. 当社が、「プロジェクトオーナーガイドライン」に従い前項、本項の申請を承認した場合には、プロジェクトオーナーは、当社の定める方法によりプロジェクトをRiSSHiにおいて発表・掲載し、プロジェクト期間における目標金額の達成を目指すものとします。

第7条(プロジェクトの支援)

1. プロジェクトの支援を希望する者は、当社の定める方式により支援を申込みます。支援する意思のないもの、または、いたずら目的のもの(それぞれ、当社の判断によります)はお断り申し上げます。

2. プロジェクト期間内に、当社の管理するサーバーに支援金額に関するデータ、支援決定のアクションデータなどの到達(書き込み)が確認できなかった場合、プロジェクトへの支援はなかったことになります。

3. プロジェクト期間については、本サービスを通じて表示されていますので、必ずご確認いただいた上で支援するか決定してください。

第8条(プロジェクト成立及びキャンセル)

1. プロジェクトがAll in型の場合は、プロジェクト期間が終了するまでにプロジェクトオーナーが設定した目標金額を達成したか否かにかかわらず、いずれかの支援者により支援の申込みがなされた時点でプロジェクトは成立します。プロジェクトがAll or Nothing型の場合は、プロジェクト期間が終了するまでにプロジェクトオーナーが設定した目標金額を達成した場合にプロジェクトが成立します。なお、プロジェクトがAll in型 又はAll or Nothing型のどちらにあたるかは、各プロジェクトのページにてご確認ください。

2. 支援者が支援の申込をした時点で、支援者及びプロジェクトオーナーの間で会員間契約が成立します。会員間契約は、原則として、支援者がプロジェクトオーナーに対し、支援金を提供することを約し、プロジェクトオーナーが支援者に対して支援金の対価としてリターンを提供することを約する契約をその内容とし、リターンは製品その他の有体物のほか、一定の権利であることもあります(但し、法令上、プロジェクトオーナーまたは当社が取り扱うことができないものを除きます。)。なお、リターンの内容によっては、これとは異なるものである場合もありますが、その場合には各プロジェクトのページにてプロジェクトオーナーより取引の条件が示されます。会員間契約は、各プロジェクトページの内容に照らして成立し、その具体的な解釈は、民法その他の関連法令に基づき判断されます。

3. 支援者による支援の完了後のキャンセル及びプロジェクトオーナーによるプロジェクトの中止は、本利用規約の規定に従ってのみ行われるものとし、それぞれ、任意のキャンセル又は任意の中止はできないものとします。

4. プロジェクトへの支援を希望する支援者は、当社の定める方法により、リターンの対価、消費税その他の各プロジェクトのページに記載された額の金銭を支払うものとします。なお、当社が指定する期日内に支払いがなされない場合には、プロジェクトオーナーが個別に会員間契約の成立を承諾した場合を除いて、会員間契約は成立しなかったものとして取り扱われるものとします。

5. プロジェクトオーナーは、プロジェクトが成立した時点で、各プロジェクトのページに定める期日までに支援者に対してリターンを提供する義務を負います。プロジェクトオーナーは、プロジェクトの目標金額に達成していないこと(プロジェクトがAll or Nothing型である場合を除きます)、支援額を受領していないこと等を理由として、リターンの提供の遅滞及び不履行をしてはならないものとします。

6. プロジェクトオーナーと支援者の間でトラブル等が発生した場合であっても、当事者間で解決されるものとし、当社は責任を負わないものとします。ただし、当該トラブル等が当社のシステム上の不具合等に起因し、これにつき当社に故意又は重過失がある場合はこの限りではありません。

第9条(成約手数料の支払い)

プロジェクトが成立した場合、プロジェクトオーナーにおいては、当社に対して、プロジェクト支援の成約手数料として、支援決定額(以下「支援額」といいます)の20%に相当する金額を支払う義務が発生します。当該成約手数料は、当社からプロジェクトオーナーへ支払われる支援額から差し引かれます。なお、振込手数料は当社負担となります。

第10条(支援者のお支払いとプロジェクトオーナーによる支援額の受領)

1. プロジェクトオーナーは、会員間契約に基づき支援者により支払われるリターンの対価を、当社がプロジェクトオーナーに代わって受領する権限を当社に付与するものとします。

2. 支援者の支援金の支払い方法は、コンビニ払い、銀行振込、ネットバンク振込、クレジットカード払い等当社が別途定める方法によるものとし、当社の指定する決済代行会社を通じてお支払いいただきます。

3. 会員間契約に基づく支援者のプロジェクトオーナーに対する支払い代金債務の弁済(以下「会員間契約の決済」といいます)が完了する時期は以下の時点となります。

1) プロジェクトがAll in型の場合 支援の完了時点

2) プロジェクトがAll or Nothing型の場合

(i) クレジットカード払いの場合 クレジットカード会社の決済承認がなされた時点。ただし、プロジェクト成立後は支援の完了時点とします。

(ii)コンビニ払い、銀行振込、ネットバンク振込等のクレジットカード払い以外の支払方法を選択した場合 プロジェクトの成立時点。ただし、プロジェクトの成立後は支援の完了時点とします。

4. 支援額は、当社より、プロジェクトオーナーに対し、前条に従い、成約手数料を差し引き、当社の指定する方法により支払われます(以下「出金」といいます)。

5. 出金の実施日については、原則として、成立したプロジェクトのプロジェクト期間終了日の属する月の翌々月の第3営業日(該当日が土日祝日の際は翌営業日)となります。ただし、当社が指定した期日までにプロジェクトオーナー名義の正しい口座情報をいただけない場合は、当社指定の期日に実施日を変更することができるものとします。

第11条(支援金の取扱い)

1. 当社は、当社の社内規程等に従い、支援金を専用口座に当社の自己資金とは分別して管理したうえで、支援者ごとの入金額を帳簿により管理するものとします。

2. 支援金の支払いから会員間契約の決済完了までの間に、当社のほか銀行、収納代行会社、決済代行会社等が破綻し、又はその他の理由により取引履行することができなかった場合、会員間契約の決済が完了しない場合があります。この場合には、会員間契約は自動的にキャンセルされるものとし、プロジェクトオーナーは支援者にリターンを提供する義務を負わず、支援者はプロジェクトオーナーに支援金を支払う義務を負わないものとします。

3. 本利用規約に従い会員間契約の決済が完了した場合、プロジェクトオーナーは、本利用規約に別に定める場合を除き、支援金の受領の有無を問わず、支援者にリターンを提供する義務を負うものとします。ただし、支援者が会員間契約のキャンセルにつき同意した場合はこの限りではありません。

第12条(キャンセル等の対応)

1. All or Nothing型のプロジェクトが成立しなかった場合、プロジェクトが本利用規約の定めに従い中止された場合、又は会員間契約が会員間で取り消し若しくは解除となった場合、会員間契約は契約締結時にさかのぼってそれぞれ効力を喪失するものとします。プロジェクトオーナーは、プロジェクトが中止された時点で既に支援者による支援金の支払いが行われている場合には、支援者に対して、支援金相当額の返金手続をするものとします。この場合、当社は、返金手続が適切に行われるようにサポートしますが、返金手続が適切に行われることを保証するものではありません。当社がプロジェクトオーナーのために支援金の返金手続のサポートを行い費用を負担した場合には、プロジェクトオーナーに対して費用相当額(人件費を含みますがそれに限られません)を求償することができるものとします。

2. 前項に定める当社のサポートは、電子メール、サイト内メッセージ、又はプロジェクトの活動レポートのいずれか一つ又は複数の方法により行われるものとします。支援者が当社からの最初の連絡に対して6ヶ月以内に返答を行わない場合、支援者から支援金相当額を返還すべき利用可能な銀行口座等の届出がない場合、その他プロジェクトオーナーによる支援者への返金が不可能な場合は、その金銭の処分は当社に委ねられたものとみなされます。

第13条 (パートナー及びパートナーメディアとの連携)

1. 当社は、パートナーと、パートナーの店舗への展示またはパートナーメディアと相互リンクすること等により、連携することができるものとします。

2. パートナーメディアを経由して本サービスを知った会員は、パートナーメディアと本サービスが別のサービスであることを認識し、パートナーメディアの利用規約とは異なる本サービスに関する利用規約等に同意し、会員登録するものとします。

3. 本サービスを経由してパートナーメディアを知った会員は、パートナーメディアと本サービスが別のサービスであることを認識し、本サービスに関する利用規約とは異なるパートナーメディアの利用規約に同意した上で、パートナーメディアが定める方法により、パートナーメディアを利用するものとします。

4. 当社は、第2項及び第3項の会員に対してパートナーメディアから提供される情報及びパートナーメディアの利用に関して、一切責任を負わないものとします。

5. プロジェクトオーナーとパートナーの店舗を経由して本サービスを知った会員との間のトラブルについては、プロジェクトオーナーが責任を負うものとし、当社及びパートナーは一切責任を負わないものとします。

第14条(登録情報の変更と認証情報の管理)

1. 会員は自己の責任と費用負担によって、認証情報の管理を行うものとし、認証情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。

2. 会員の認証情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任は会員が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとします。万一、認証情報が不正に利用されたことにより当社に損害が生じた場合、会員は当該損害を賠償するものとします。

3. 会員は登録情報に変更が生じた場合、認証情報を第三者に知られた場合、または認証情報が第三者に使用されている疑いのある場合には、本利用規約及び当社が定める方法により、直ちに当社にその旨を届け出ると共に、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。

4. 当社は、会員の登録情報等に不備があり、会員への連絡がとれないなど、当社の会員に対する債務の履行不能状態が、当該債務の発生日より6ケ月間継続した場合、それに対応する債権を放棄したものとみなすことができるものとします。

5. 会員が第3項の届出をしなかったことにより、本サービスを利用できない等の不利益を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。

6. 会員が第3項の届出をしなかった場合、当社は当該会員が退会したとみなすことができるものとします。

第15条 (登録情報・個人情報等の取扱い)

1. 当社は、氏名、電話番号、住所、メールアドレス、生年月日、性別、クレジットカード情報、金融機関の口座情報、プロジェクトの責任者や支援者の履歴等の個人情報を含む、会員が当社に登録した登録情報について、以下の各号に定める目的で利用することができるものとします。

1) プロジェクトの支援、支援の勧誘、リターンの発送、支援者の属性分析、本人確認等を含む本サービスの提供に必要な範囲での利用

2) 当社及びプロジェクトまたは第三者の販売促進活動(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含みます。)

3) 本サービスの品質管理のためのアンケート調査、及び分析

4) 本サービスのアフターケア、問い合わせ対応

5) 本サービスの運営に関する事柄についての連絡、追加サービス等の情報提供

6) 本サービスにおけるシステムの維持、不具合対応

2. 支援者は、本サービス上で会員間取引を承諾することにより、当社がそのプロジェクトオーナーに対して、以下の通り情報を提供することに同意したものとして取り扱われます。

1) 提供する目的

・プロジェクトオーナーによるリターンの提供

・リターンの品質管理のためのアンケート調査、及び分析

・リターンのアフターケア、問い合わせ対応

2) 提供する情報

・注文ID、購入日/注文登録日、ユーザーID、ユーザー名、氏名、生年(月日の提供はされません。)、性別、電話番号、リターンID、リターンタイトル、リターン内容、支援金額等

 ※配送予定のリターンがある場合は、上記に加えて、郵便番号、住所等が提供されます。

3) 提供時期及び方法

・プロジェクト期間終了後にデータにて提供

3. 当社は、氏名、電話番号、住所、メールアドレス、生年月日、性別、クレジットカード情報、プロジェクトの購入履歴等の個人情報を含む、会員が当社に登録した登録情報について、次の各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとし、かつ本サービスを提供していく上で必要な範囲を超えて利用しないものとします。

1) 別に会員の同意が得られた場合

2) 前項に定める場合

3) プロジェクトの支援、支援の勧誘、成果物の発送または本人確認等を含む本サービスの提供のために必要な場合

4) 当社及びプロジェクトまたは第三者の販売促進活動 (ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含みます。)

5) 本サービスの品質管理のためのアンケート調査、及び分析

6) 本サービスのアフターケア、問い合わせ対応

7) 代金の回収のために必要な場合(クレジットカード等を含む)

8) 本サービスに関して、当社の権利行使に必要な場合

9) 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合

10)個人情報保護法その他の法令により認められた場合

4. 当社は、登録情報・個人情報について、当社のプライバシーポリシーに基づき、取り扱うものとします。

5. 会員は、当社が登録情報・個人情報を本条に定めるとおりに利用することについて、あらかじめ同意するものとします。

6. 会員は、本サービスに登録した個人情報について、開示、削除、訂正または利用停止の請求ができるものとし、本人からの請求であることが確認できる場合に限り、当社はこれに速やかに対応するものとします。当社の本サービスにおける、本件問合せ窓口は以下の通りです。
株式会社RiSSHi
サポートセンター
support@risshi-funding.com

7. プロジェクトオーナーは、第2項により支援者から同意を得て当社から提供された情報を利用するにあたり、第三者へ業務を委託する場合は、委託業務の遂行に必要な範囲内で、第三者にこれらの情報を開示することができます。この場合、プロジェクトオーナーは、個人情報取扱事業者として、委託者による情報の取扱いを管理し、これが委託業務の範囲を超えて利用されないようにするものとします。

8. 本サービスを通じてプロジェクトオーナーが取得した支援者の情報について、漏えい、滅失または毀損、もしくはそのおそれがある事象(以下「漏えい等」といいます。)が生じた場合、プロジェクトオーナーは直ちに当社に連絡した上で、漏えい等の事実をすみやかに個人情報保護委員会または認定個人情報保護団体に報告し、漏えい等による二次被害の拡大を防止するために、支援者に対する通知または公表等を行わなければならないものとします。

第16条 (Cookie等及びIPアドレス情報)

1. 当社は、以下各号の目的を達成するため、Cookie・広告識別番号及び利用者から取得したアクセスログ(IPアドレスを含み、以下「Cookie等」といいます)を利用することがあり、利用者はこれを承諾するものとします。

1) 会員が登録情報の一部を入力することにより、全部を入力する手間を省くため

2) 利用者の動向を分析し、よりよいサービスを企画、提供するため

2. 利用者は、その利用するパーソナルコンピュータやスマートフォン端末等における設定やブラウザの設定により、Cookieの受理を承諾するものとします。ブラウザの設定によりCookieの受理が拒否される場合、当社は利用者の情報を正しく認識できない可能性がありますが、それに起因して利用者に生ずる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第17条(知的財産権等)

1. 本サービスを構成する素材(文字、写真、映像、音声等を指し、以下「コンテンツ素材」といいます)に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は当社または当該権利を有する第三者(プロジェクトオーナー等含むがこれに限られません)に帰属しています。

2. プロジェクトオーナーは、プロジェクトオーナーにより投稿されたプロジェクトの情報(文章、イラスト、写真等)については、本サービスを宣伝・広告・特集による紹介を目的として、当社が自由に利用することにつき予め了承するものとします。なお、投稿されたプロジェクトの情報であっても、イラスト、写真等について当社が素材を提供した場合は、当該素材に関する一切の権利は当社に帰属し、プロジェクトオーナーは、当社の事前の承諾を得ることなく、本サービス内での利用以外できないものとします。

3. 会員は、コンテンツ素材について、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する全ての権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。

4. 本サービス自体、ならびに、本サービスを利用するに当たって知り得た一切の秘密情報に関する権利(コンテンツ素材を除き、本サービスのプログラム、ノウハウを含む、所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は当社に帰属するものとし、当社の書面による承諾なく、自身及び第三者をして利用してはならないものとします。

5. 本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第18条(禁止事項及び退会)

1. 会員は、本サービスの利用にあたって、以下の行為またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

1) プロジェクトオーナーガイドラインに定める禁止された表現、ないしプロジェクトに関する説明文の掲載をすること(活動報告における画像、文章の投稿を含む)

2) 当社または第三者の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等の正当な権利を侵害する行為

3) 他の会員または当社もしくは第三者に不利益、損害を与える行為

4) 公序良俗に反する行為

5) 法令等又は本利用規約に違反する行為

6) 当社の承認がないにも関わらず、本サービスに関連して営利を目的とする行為

7) 本サービスの運営を妨害する行為

8) 本サービス外における商業目的で利用する行為

9) 本サービスの信用を失墜、毀損させる行為

10)虚偽の情報を登録する行為

11)不正に本サービスを利用する行為

12)その他、当社が不適切と判断する行為

2. 会員は、本サービスの利用に当たって、次の各号に定める内容を含み、またはそのおそれのある表現・内容を含む投稿やメッセージの送信を行ってはならないものとします。尚、会員が本項各号に違反する内容を掲載・送信したものと当社が判断した場合には、直ちに本サービスの利用停止、投稿した内容の削除等の措置を取らせていただくことがあります。

1) 本人の承諾のない個人情報(但し、一般に公開されている著名人などの情報は除く)

2) アダルト画像、動画、その他アダルトサイト関連の内容(イラストや絵画等も含む)

3) 他人を誹謗・中傷もしくは侮辱する内容、他人の名誉や信用を傷つける内容

4) 法律に抵触ないし社会通念上、不適切と解釈され、またはその恐れのある表現・内容

5) その他当社が不適切と判断する表現・内容

3. 会員が以下各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合には、直ちに本サービスの利用停止、投稿した内容の削除等の措置を取らせていただくことがあります。

1) 過去に本規約違反等により、当社から退会等の処分を受けている場合

2) 反社会的勢力であると判明した場合、又は、反社会的勢力等が経営に実質的に関与している法人の役員、従業員である等反社会的勢力等と何らかの関係を有していると判明した場合

3) 第4条第3項又は同条第4項各号に該当することが判明した場合

4. 前三項に定める条項に抵触または該当することが発覚した場合において、当社は当該会員に対して、退会させることができるものとします。本条で定める禁止行為に抵触した場合において、当社が何らかの損害を被った場合、会員は当社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

5. 本条第1項、第2項、第3項の定めにかかわらず、会員は自らの意思で退会を希望する場合には、当社所定の手続きを経ることで退会することができます。

6. 退会した会員は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、当社に対して、直ちに当該債務の全額の支払うものとします。

第19条(本サービスの停止)

1. 当社は、以下の事由に起因する場合、本サービスの全部または一部を停止することができ、当該事由に起因して会員または第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。

1) 定期的または緊急に本サービス提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合

2) 火災・停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合

3) 戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本サービスの運営が不能となった場合

4) 本サービス提供のためのコンピューターシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本サービスを提供できない場合

5) 法律、法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合

6) その他、当社が止むを得ないと判断した場合

2. 当社は、前項により本サービスを停止する場合、事前に電子メールまたは当社ウェブサイト(URL:https://risshi-funding.com/)に掲示する等適切な方法により会員及び第三者にその旨を通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではありません。

第20条(本サービスの変更・廃止)

1. 当社は、本サービスの内容や機能・利用料金等を変更し、追加し、削除することができるものとします。

2. 当社は、当社の判断によっていつでも本サービスを廃止できるものとします。

3. 当社は、本サービスに関わる重要な機能・利用料金等を変更・廃止し、または、本サービスを廃止する場合、事前に当社ウェブサイト(URL:https://risshi-funding.com/)に掲示する等適切な方法により、会員にその旨を周知するものとします。

4. 当社は、本条に基づく本サービスの廃止又は変更によって生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第21条(注意事項)

会員間契約は、あくまでプロジェクトオーナーと支援者との間において成立するものであり、当社は、会員間契約に基づくプロジェクトオーナー又は支援者の義務(履行期限が遵守されることを含みますがこれに限りません)が履行されることを保証するものでありません。また、当社は、本サービス又は本サービスにおいて支援募集が実施されたプロジェクトについて、以下の事項を含む一切の事項について何らの表明及び保証も行いません。

1) プロジェクトオーナーにより提供されるリターンが、支援者により期待される性質、品質、財産的価値その他の性能を備えていること。

2) プロジェクトに関して本サイト上に記載されている情報が、最新のものであること、正確かつ真実に適合するものであること。

3) プロジェクトの実施及びリターンの提供が、実行者(及び実行者と共同してプロジェクトを実施する個人又は法人)又は支援者について適用のある法令又は規則に抵触しないこと又は公序良俗に反しないこと。

4) プロジェクトが本サイトに記載された内容及び手順において実施されること。

5) キュレーターによるプロジェクトオーナーへの労務提供が事前に想定していた内容と合致すること。

第22条(免責)

1. 当社は、本サービスに伴う情報の提供に関して発生あるいは誘発された損害、情報の利用により得た成果、または、その情報自体の合法性や道徳性、権利の許諾、正確さ、プロジェクトオーナーと支援者間における会員間契約を含む全ての契約について、責任を負わないものとします。

2. 当社は、本サービス提供のためのコンピューターシステムの障害等による電子メールの遅配、未配、RiSSHi上の誤表示(価格・数量の誤表示等含む)及びそれ以外のいかなる原因に基づき生じた損害について、一切の責任又は義務を負わないものとします。

3. 当社は、会員が使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。なお、当社は別途定める方法により、会員に対して当該環境等について告知することがあります。

4. 当社は、会員のインターネット接続環境について、海外からのアクセスを一部制限しております。本サービスサイトは日本国内からのアクセスを対象にして提供しておりますので、予めインターネットが接続可能であることを確認の上ご利用ください。また、本サービスにおける取引の途中で、会員の一方が海外に渡航し、アクセスができなくなるなど、本サービスサイトの利用が妨げられたり、会員間契約の不成立や会員同士のトラブルが生じた場合でも、当社では一切責任を負わないものとします。

5. 当社は、本サービスの停止または中止、サービス内容の変更によって受ける損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。ただし、本サービスが消費者契約法等の定める「消費者契約」に該当する場合において、利用者に発生した損害が当社の債務不履行または不法行為に因る場合、当社は利用者が直接被った通常の損害の範囲で、損害賠償責任を負うものとします。

6. 当社は、本サービス及びパートナーメディアならびに広告主を含む第三者の本サービスサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

7. 当社は、本サービスを通じて行われた第三者と会員との取引について、一切の責任を負わないものとし、全ての取引は当該第三者と会員の責任においてなされるものとします。

8. 当社は、本サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、及び本サービスを通じて提供される情報等の消失、その他本サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

9. 当社は、当社が提供するサービスに於いて、会員及び/または第三者間で生じたトラブル(違法または公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、一切の責任を負わないものとします。

10.当社の故意または重大な過失に起因して生じた損害については、本条各項の限りではありません。

第23条(本利用規約の変更)

1. 当社は以下の各号のいずれかの場合に、当社の裁量により、本利用規約を変更することができます。

1) 本利用規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき。

2) 本利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

2. 当社は前項による本利用規約の変更にあたり、事前に利用規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容とその効力発生日を当社ウェブサイト(URL:https://risshi-funding.com)に掲示する等の方法により、会員に周知します。

3. 変更後の本利用規約の効力発生日以降に会員が本サービスを利用したときは、会員は、本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第24条(分離可能性)

本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第25条(協議・管轄裁判所)

1. 本サービスに関連して会員、当社、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。

2. 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第26条(準拠法)

本利用規約は日本国法に準じて解釈されるものとします。